PICKサラミ(ハンガリーサラミ):ウィンターサラミ、マンガリッツァサラミから、PICKのソーセージ・ベーコンをご紹介

HOME > マンガリッツァ豚とは

ピック マンガリッツァ豚

究極の豚肉

食べ続けて欲しい国宝、マンガリッツァ豚

マンガリッツァ豚のかわいらしい、もこもこした姿は、今や日本でもご存じの方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。全身がくるくるとした巻き毛で覆われたハンガリー原産のマンガリッツァ豚は、2004年にハンガリーの国会によって『国宝』に認定されました。ピック社によって2009年に日本にも紹介されて以来『食べられる国宝』としてテレビ、雑誌、新聞など、さまざまなメディアにとりあげられています。
マンガリッツァ豚は、およそ200年前にハンガリーで誕生した特殊な豚であり、同国では第二次世界大戦まで数百万頭の規模で伝統的な放し飼いか半放し飼いで飼育されていました。

世界で脂肪率が最も高い豚とされ、濃厚な赤身の他に良質な脂も取れます。体の7割が脂肪であったマンガリッツァ豚についての報告もありましたが、20世紀後半に入ると、脂より赤身が珍重されるようになり、肉が多く取れる、大量飼育が容易な豚種が普及し、マンガリッツァの数が急激に減ることになります。1991年には、たった198頭しか存在していない、絶滅寸前の状態に陥ってしまいました。
そのとき、残りわずかなマンガリッツァ豚が集められ、保護され、飼育管理制度が制定されました。現在、5万頭にまで復活し、2004年にはその希少性から国宝にも指定。「国宝なのに食べていいの?」と不思議に思われるかもしれませんが、誰も食べなかった時期に絶滅の危機に瀕したことを考えると、食べる人がいるからこそ飼育が盛んになり、限られてはいるものの、飼育が可能な頭数が保たれます。是非食べ続けていただきたい国宝です。

一時期ハンガリー国内でも食べられなかったマンガリッツァ豚は、現在ミシュラン星つきレストランを含むハンガリー国内や世界数カ国のレストランで提供されています。肉質がよく、脂の融点が低いため低温で溶けます。霜降り率が高く、旨みが強い上、消化もしやすく、ビタミンやミネラルの含有量が多いことでも知られています。また、健康に良いとされる飽和脂肪酸を多く含んでいます。
餌は自然なもので、大麦・小麦・ひまわりの種などが与えられています。また、かぼちゃ・りんご・テンサイ、ナッツなど、季節の新鮮な食べ物も好みます。
マンガリッツァ豚は一頭一頭、誕生から屠畜までマイクロチップと耳タグで管理されており、トレーサビリティーが可能です。

製品紹介 Products

マンガリッツァにまつわる9つの話

逸話 episode
  1. 1 食べられる国宝
    マンガリッツァはハンガリー固有の希少な豚。2004年にハンガリーの国宝に認定された。食べることが可能な、国の宝である。
  2. 2 ルーツはイベリコ豚と同じ
    スペインのイベリコ豚が、唯一現存する同系統の豚であるといわれている。そのため、マンガリッツァはイベリコ豚と肉質が似ている。
  3. 3 高級レストランで使用
    東京のリッツカールトンホテル、カリフォルニアの「フレンチランドリー」、ニューヨークの「パーセ」、シンガポールの「レザミ」、香港のシャングリラ・ホテル、ブダペストの「オニキス」でも、マンガリッツァの肉料理が提供されている。
品質 quality
  1. 4 牛肉のような肉質
    肉の色が赤褐色で濃く、牛肉によく似ている。
  2. 5 柔らかい
    一般の豚肉よりも脂肪が多く、霜降り率が高い。霜降りに関して神戸牛に似ており、極上の脂身と赤身のバランスがとても良い。
  3. 6 霜降りが多い
    脂肪が一般の豚肉より低温で溶け、霜降りのため、調理しても柔らかく仕上がる。
健康 healthy
  1. 7 自然食品・ビオ食品
    牧草地や林などで放し飼いか半放し飼いにされ、人工飼料ではなく、大麦、小麦、ひまわり、カボチャ、テンサイ、ナッツ等の新鮮な食品を餌として育つ。
  2. 8 ヘルシー
    コレステロールの原因となる飽和脂肪酸の量が少なく、不飽和脂肪酸をとても多く含むため、ヘルシーで消化にも良い。
  3. 9 高い栄養価
    一般の豚肉よりも多くのビタミンとチアミン、リボフラビン、亜鉛、鉄といったミネラルが含まれており、老化防止に良いとされる抗酸化酵素も多く含まれている。
PAGE TOP